美しいものには棘が・・無くても痛い。

鉢植えに植えてあったモッコウバラ、全然育たなかったので庭の片隅に直植えにしました。

 

ものすごい生命力で根を張って、次の年にはワサワサとおい繁りました。

 

庭からはみ出て道路にも進出するので、その都度剪定していましたが、それも追いつかなくなりました。枝も込み入ってしまって、見た感じが見苦しくって、思い切って根元からざっくりと切ることにしました。

 

枝をかき分けて根元を見ると、最初は太い幹が1本しかなかったのが、いつの間にか5本くらいに増えていました。2本残すことにして3本は処分しましたが、枝が絡まって、剪定するのも大変でした。

 

 

美しいものには棘があるといいます。モッコウバラには棘は無いけど、固い枝と格闘していたら腕が傷だらけになって、みみずばれがたくさん出来ていました。美しいものを淘汰する時は、痛みが伴うものですね。